富岳園 本文へジャンプ
コオズエビネ栽培法


富岳園流栽培法



◎神津エビネに限らず各々自宅の環境により栽培法が少しずつ変わるので、

一つの例として参考にして下さい。





○遮光ネットは寒い時は小屋の壁面@(エキスパンドメタル張り)にベタ張りにするが、花後からは様子を見ながらAの部分に張り直す。通風が良くなりムレを防ぐ効果があります。暑さ対策として、梅雨終期より真夏の間、ダイオネットをもう一枚使用する事をお勧めします。











○棚は下の水ハネが当たらない程度、出来るだけ低くすると夏のムレがなくなります。


○高温異常気象時は暗くして下さい。

○棚板はエキスパンドメタルとし、鉢受皿を裏返して使用するとウィルスの水伝染を防げます。

○当地では九州のボラ石が手に入るので、
ボラ
NO.4を一袋+超硬質鹿沼土中粒一袋と5〜8%のベラボンをよく混ぜて用土としています。


○ハダニ対策として水苔を薄く載せる。

○ハダニの消毒は、えびねだけでなく蘭舎全体にかける。







○肥 料・・・置き肥としてプロミック
12-12-12とバイオゴールド併用。
       年2〜3回Be-1使用。

       補助として木酢液とレバートルフ有機液肥、ハイポネックス
        (花後は液体、夏後は粉末)の液肥を適時与えます。
         規定の濃度より薄めにします。
        

       2年目以降の植替えない鉢を重点的にカキガラ石灰をやると
       生理障害が改善します。植替後、直ぐに与えても良いです。


○水やり・・・鉢底からたっぷり流れ出るよう与えます。
       夏は夕方蘭舎への打水と夜露がわりの葉水。
       先述の作り方をすれば花後の新葉展開期のみ注意しながら
       行えば他の時期は楽です。

          

○消 毒・・・(早朝か夕方遅く)

          殺虫 アブラムシ・カイガラムシ・ハダニ・ハモグリバエ

                   →(ダイアジノン)

          殺菌 灰色カビ病

                   →(ロブラール)(ダコニール)

          木酢液1000倍液で消毒・液肥を与えると良好の様です